名古屋市名東区本郷の歯科,歯医者【ちあき歯科】です ちあき歯科 歯科,小児歯科,矯正歯科 本郷駅,名古屋市,名東区,上社/病院,医院

ちあき歯科

お気軽にお問い合わせください
ご予約
お問合せ
052-702-8148

[月〜水・金・土] 9:30〜13:00 / 14:30〜19:30
※土曜の午後は14:30〜18:30
   [休診日]    木・日・祝

アクセス

【所在地】
〒465-0025 愛知県名古屋市名東区上社3-205

【電車で】
地下鉄東山線「本郷駅」より徒歩約4分

【お車で】
本郷交差点を南に進み、本郷南交差点より20m南。 ※駐車場あり

診療について

診療時間 
 9:30~13:00
14:30~19:30
 ※土曜の午後は14:30〜18:30
休診日
 木曜・日曜・祝日

インプラント

インプラントについて

インプラントの構造

入れ歯に違和感があるという方や歯を失ってしまった方に自信を持ってお勧めします。

失ってしまった歯の代わりに、顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その土台の上に人工の歯を固定する歯科の医療技術です。自然な噛み心地があり、自分の歯のような感覚を取り戻していただけるでしょう。

インプラントが長持ちするよう、当院ではまずお口の中の状態を健康にしてから手術を行います。
インプラントも良い条件の骨に施術するのと、そうではない条件下で施術するのとでは手術の難易度・成功率ともに変わってきます。

そのため、当院では施術の成功率に影響を及ぼす因子(虫歯や歯周病治療)を完全に取り除いてから、インプラントの手術にかかります。したがって、手術に入るまでにお時間が必要となりますが、患者様のインプラント治療の成功率を限りなく高めてから手術をおこなうことが当院のポリシーです。

インプラントの症例

インプラント症例01 インプラント症例01 インプラント症例01
インプラント症例02 インプラント症例02 インプラント症例02レントゲン
インプラント手術風景
CT撮影

インプラントの種類

インプラントの素材は人間の体になじむための非発がん性、非アレルギー性などの多くの条件をクリアした素材が使用されています。主にチタンやチタン合金が使用されます。

ブレードタイプ
  • 旧式のタイプで、近年では使用されることは少なくなってきています。
スクリュータイプ
  • 歯根部の表面は比較的滑らかであり、ネジのような形をしています。
シリンダー表面処理タイプ
  • スクリュータイプが適応しにくい場所においても安定した状態を維持することが可能です。

インプラント手術の手順

STEP1:検査と治療計画

大きさ、位置、失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さなど、治療法には様々な選択肢があります。
レントゲンやCTを用いることはもちろん、担当医がお口の中を実際に診て確認し多側面から治療方針を決めていきます。

STEP2:第1次手術

歯茎を切開して顎の骨を削り、インプラントを埋め込みます。骨を削るというと怖いイメージですが、麻酔を使用しますのでできるだけ痛みを取り除き、治療にあたります。

STEP3:治癒期間

一次手術の後、通常は約3~6ヶ月の治癒期間をおきます。インプラントに使用されているチタンは、骨とインプラントが結合する性質を持っているため、この期間においては仮の歯を使用できることもあります。

STEP4:第2次手術

骨とインプラントが結合して安定した後にインプラント体の頭の部分と人工の歯との連結部分(アバットメント)を装着します。この状態で歯ぐきが治るまで、通常約1週間から6週間おきます。

STEP5:人工の歯を製作・装着

歯茎が治癒した時点で型を取り、上部構造(人工の歯)を作ります。形や色は人それぞれ異なりますので、各々に合わせて製作してインプラントに装着します。この上部構造は、様々な素材のものがありますので、医師とよく相談して決めましょう。


処置後のケアが大切

インプラントの素材は虫歯になりませんが、だからといってお口のケアを怠ってはいけません。
歯垢がついたままになると、自然の歯の場合と同じように歯周病になってしまいますので、処置後のケアをきちんとすることが大切です。




ちあき歯科に お気軽にご相談ください。

ご予約
お問合せ
052-702-8148

〒465-0025 愛知県名古屋市名東区上社3-205

地下鉄東山線「本郷駅」より徒歩約4分


診療時間
 9:30~13:00
14:30~19:30

土曜の午後の診療は14:30〜18:30になります。

   [休診日]   木・日・祝

PAGE TOP